南大阪蔦耳鼻咽喉科ニュース

2014年6月17日 火曜日

声帯ポリープの手術についてご説明します

声帯ポリープ手術をした、という芸能人のニュースは良く耳にされるのではないでしょうか。
声を使う仕事である芸能人は、過度の発声や喉を使いすぎる為、声帯粘膜から出血しポリープが出来やすいのでしょう。
通常声がかれたり、出にくくなることで異変に気付きます。
それでも喉を酷使し続けると、増々症状が悪化しますので病院で診断を受けましょう。

声帯ポリープの手術をする場合1週間程度の入院をするのが普通です。
ですが当院は1泊2日の短期滞在手術のため、翌日に帰宅できます。
日常生活や仕事に負担をかけずに手術が出来るのがメリットと言えるでしょう。
ただし帰宅後1週間の沈黙療法をして頂きます。

堺市にお住まいの方で声帯ポリープ手術についてのご相談はお気軽にご連絡下さい。

投稿者 南大阪蔦耳鼻咽喉科

アクセス


大きな地図で見る

【診療時間】
9:00~12:00
16:00~19:00
※火曜・金曜の午後は外来は休診となります。
※水曜の蔦院長の診察は11:30までの日があります。

【休診日】
月曜午後・火曜午後・金曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら