新着情報

一覧を見る

2016/04/21

当院の院長監修の
「ひどい鼻炎で薬が手放せないあなたへ 1泊2日で悩みが解消する最新内視鏡手術」
の書籍がアマゾンで販売中です。

お買い求めの方ははこちらから

当院が選ばれる理由 1術後に早期復帰できる1泊2日の短期滞在手術 2患者さまの入院費用や通院費用の負担の軽減 3遠方からもアクセス至便の絶好ロケーション


南蔦耳鼻咽喉科からのご挨拶

院長
南大阪蔦耳鼻咽喉科は、2000年5月に西日本初の短期滞在で手術ができる、耳鼻咽喉科サージセンターとして開院しました。
開院以来、これまでに3,000件を超える手術を行い、西日本においてトップクラスの実績を誇ります。
 
当院の特徴は全身麻酔による1泊2日の短期滞在手術です。
蓄膿症、アレルギー性鼻炎、慢性中耳炎などの慢性疾患は、長期の治療が必要ですが、従来の保存的治療では改善しにくく、外科的治療の手術をしなければ治らないといわれています。
つまり、外科的治療によって症状の改善率は高くなります。

しかし、通院されている病院で手術をすすめられても、仕事のために長期間の休みが取れないといった理由で、手術を受けたくても受けられない方が多いのが現実です。

1泊2日の短期滞在手術には、3つのメリットがあります。

1.術後すぐに早期復帰できる
当日、全身麻酔による手術を行い、翌日、退院。
翌々日には仕事に復帰できます。
たとえば、金曜日に休めば、土曜日に退院し、日曜日はゆっくり休んでいただき、月曜日に復帰が可能です。
術後はお近くの医療機関に通院して治療できるので安心です。

2.入院費や薬代など費用負担の軽減
1泊2日の短期滞在手術なので入院費用や、通院回数を少なくすることで経済的な負担を減らします。
また、手術費用においても高額療養費の適用により、所得に応じて限度額が異なります。一般所得者の場合、患者さまの自己負担額は約85,000円程度になります。

3.遠方からお車で来院しやすい
「広いエリアから来ていただきたい」という思いから、お車でアクセスしやすいインターチェンジの近くにあります。
一千坪の敷地面積に46台収容の駐車場を完備し、和歌山、奈良、京都、神戸からも来院されています。
高額医療制度について 高額な医療診療は医療機関窓口に 「認定証」を提示して頂ければ、 支払いが一定の金額になります。
アクセス


大きな地図で見る

【診療時間】
9:00~12:00
16:00~19:00
※火曜・金曜の午後は手術のため、外来は休診となります。
※月曜・水曜の蔦院長の診察は11:30までの日があります。

【休診日】
火曜午後・金曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら