ホーム > 手術の費用

手術の費用

受付

高額療養費制度の適用

高額な外来診療を受けた場合、通常は保険診療で3割負担となります。
しかし、事前に高額療養費の手続きをしていただくことにより、窓口のお支払いが自己負担限度額までとなります。

手術の当日、認定証(限度額適用認定証)をご持参していただき、保険証と併せて窓口でご提示ください。
認定証は加入されている健康保険組合などに事前に申請します。
下記の所得区分に応じて1カ月の自己負担限度額が定められます。
高額医療負担の場合のA、B、Cは上記疾患の場合にすべて適用します。

※患者さまが70歳未満であるということ。また、同じ医療機関で入院療養などを受けた場合に限ります。

所得区分

A
  • 月収が53万円以上、または、給料月額42.2万円以上の者
  • 国民健康保険加入者で所得課税証明書の総所得額600万円以上の者
    150,000+(総医療費ー500,000)×1%
B
  • 月収が53万円未満、または公務員共済等加入者で共済掛金算定の基礎となる給料月額42.4万円未満の者
  • 国民健康保険加入者で所得課税証明書の総所得額600万円未満の者
    80,100円 +(総医療費ー267,000円)×1%
C
  • 市区町村民税の非課税対象者
    35,400円 限度額(3回目まで)
※食事は別途260円/日となります。

高額療養費制度を使用しない場合の手術費用 (3割負担の場合)

副鼻腔炎鼻内手術

150,000円~260,000円

後鼻神経切断術(翼突管神経切除術)

130,000円~260,000円

鼓室形成術

150,000円~180,000円

ラリンゴ

50,000円~60,000円

※入院期間、および、術式・使用薬剤によって異なります。
※その他の手術費用に関しましてはお問い合わせください。

アクセス


大きな地図で見る

【診療時間】
9:00~12:00
16:00~19:00
※土曜診療9:00~11:30
※火曜・金曜の午後は外来は休診となります。
※水曜の蔦院長の診察は11:30までの日があります。

【休診日】
火曜午後・金曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら