南大阪蔦耳鼻咽喉科ニュース

2014年3月26日 水曜日

花粉症の治療は、レーザーや翼突管神経切断術で

花粉の飛散量が増える時期になりました。
当院にも、花粉症の症状で来院する方が増えています。

花粉症はアレルギー症状のひとつです。
この時期に飛散するスギの花粉で症状の出る方が多いですが、アレルギーの原因となる抗原がスギだけの方でしたら、レーザー治療で症状を和らげることができます。
完治するわけではありませんが、辛い症状が緩和しますので、生活が楽になるでしょう。

また、スギ以外にも抗原があり、春先だけではなく1年を通してアレルギー性鼻炎の症状が出る方には、当院の院長が考案したオリジナルの翼突管神経切断術をおすすめします。
抗原に反応する神経を、鼻の一番奥で切断する手術ですので、高い効果を得ることに成功しています。

堺市在住で花粉症にお悩みの方、快適に春を過ごすために、まずはお気軽にご相談ください。

投稿者 南大阪蔦耳鼻咽喉科

アクセス


大きな地図で見る

【診療時間】
9:00~12:00
16:00~19:00
※火曜・金曜の午後は外来は休診となります。
※水曜の蔦院長の診察は11:30までの日があります。

【休診日】
月曜午後・火曜午後・金曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら