南大阪蔦耳鼻咽喉科ニュース

2013年11月19日 火曜日

蓄膿症の手術なら当院へご相談ください

大阪府堺市にて耳、鼻、のどの手術は当院にお任せください。
開院以来、3千件を超える手術の実績があり、全身麻酔による短期滞在手術を特徴としています。

耳鼻咽喉科で扱う慢性疾患には長期の治療を必要とするものが多く、そのうちの一つが蓄膿症です。
慢性副鼻腔炎と呼ばれることもあります。
鼻を取り囲むようにして存在する骨の空洞を副鼻腔といい、粘膜に炎症が起こって作り出された膿や粘液が排出されずに溜まるのが副鼻腔炎です。

鼻が詰まる感じ、粘り気のある鼻水、匂いがわからない、頭痛などの症状があれば副鼻腔炎が疑われます。
慢性化すると治療が長引き、再発を繰り返すケースが多く見られます。

当院では術後の治癒が早く、効果が持続する手術法を提案します。
再発の防止にも力を注いでおります。

投稿者 南大阪蔦耳鼻咽喉科

アクセス


大きな地図で見る

【診療時間】
9:00~12:00
16:00~19:00
※火曜・金曜の午後は外来は休診となります。
※水曜の蔦院長の診察は11:30までの日があります。

【休診日】
月曜午後・火曜午後・金曜午後・土曜午後・日曜・祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら